Tuesday, October 24, 2006

ornette coleman

So, Ornette Coleman. It is always good to see a great achiever. Especially, great jazzmen. He was releasing the aura at the moment he entered the stage. For the age of 76, his power of drawing the audience's attention was amazing. Dazzling. The stage was so tense. It was like fighting each other. Maybe that is free jazz. It is an art form, already. And what was cool most was; during the encore, he invited audience to join the stage like "anyone feels like singing?" One guy stood up, started to sing, and the band followed. Improvisation, indeed. That's jazz! Gorgeous! Ornette Coleman plays with you? how gorgeous is it. I should have practiced my karaoke skills more ;-P

オーネット・コールマン。なんの世界でも巨匠と呼ばれる人に会うのは刺激的なもんです。彼がステージに入った瞬間からすでに彼のオーラに感動。76歳にして聴衆を圧倒するパワーは驚き。ステージはほんとに「戦い」あっているみたいで緊張感ひしひし。フリージャズって感じですなあ。すでに「芸術」。音楽を超えている。 めっちゃゴージャズだったのは、アンコールのときに彼が聴衆に「誰か歌いたいヤツいないか」と呼びかけて、ステージに上がってきた人(もちろん素人さん)の歌に合わせて即興演奏したこと。もうまさに「これぞジャズ!」って感じ。 いやあ、オーネット・コールマンがあなたに合わせて演奏してくれるんですよ。なーんてゴージャスなんでしょ。私もカラオケもっと練習しておけばよかった!?

2 comments:

Anonymous said...

聴衆はどれくらいかね。
JAZZは聴衆が大勢のほうが盛り上がるものかな。
ブルーノート東京でも単価は高いけど迫力あるJAZZが聞けるけど。/暁

napomi said...

そういえば、ブラジリアンジャズと比べると聴衆は少なかった気がする。それでも来ていた人はオーネットコールマンに会えるのがうれしい、って感じの人が多かったねえ。