Wednesday, November 15, 2006

oriz (=rice) in macedonia

In Macedonia, there is Japanese kind of rice (short-grained type) available. It is called Kocani rice from Kocani town of the eastern Macedonia. You can buy it at a greenmarket or a supermarket. I usually buy it at a supermarket. You know why? One reason is I do not need to buy rice by kilos, even though I eat much, but not that much. Another reason is, rather a bigger reason, usually, rice in Macedonia contains small stones! And this is more true to the rice at a greenmarket. It is hard to remove them from rice before cooking, because they look similar in size and color. So, sometimes you find a stone in your mouth when you are eating rice. I guess producers try to remove all the stones before selling rice, of course, but still those stones that look similar to rice likely remain. How can I, a girl who does not spend much time on housekeeping and stuff, find that kind of tricky stones. My Macedonian friend says (as a joke) the first condition of a good wife is being good at removing stones from rice. Kako da ne.

マケドニアには日本のお米と似た種類のお米があります。コチャニ米といって、マケドニアの東の方のコチャニ地方産です。グリーンマーケットやスーパーマーケットで買えるのですが、まあ私はスーパーで買っています。なんでかって? それは、グリーンマーケットでキロ単位で買うほど消費量が多いわけではないのと、それよりなにより、グリーンマーケットで買うお米ってかなりの確率で小石がはいっているんですよね。ま、スーパーで買っても小石は入っていることがあるんですけどね、でもグリーンマーケットで買った方が確率が高いんです。そして、この小石をお米を洗う際に見つけるのがまた大変。どんなにじっくり見て取り除いてからごはんを炊いても、食べたときに小石が発見されることがよくある。そりゃあ当然生産者だってお米を売りに出す前に小石を取り除いて売っているでしょうから、残っている小石はその時に見つけられなかったくらいお米に色も形も似ているってことでしょ。ということで、マケドニア人の友人によると、よいお嫁さんの条件はお米から石を取り除くのがうまいこと、だって。ジョークですけどね。

1 comment:

Anonymous said...