Monday, April 16, 2007

tube of food

I was surprised with the caviar tube in Sweden, but I found the same kind in Macedonia too. It is Nestle group's mayonnaise, so it is not Macedonian brand's food, more precisely, but it is still funny. Food in a tube. It seems not so new and surprising concept in Europe. Oh, but we also have wasabi tubes in Japan! OK, then, well.... the caviar tube has very different impression/ impact though.

スェーデンでチューブ入りのタラコペーストにびっくりしましたが、マケドニアにもチューブ入りの食べ物がありました。ツナペースト入りマヨネーズ。ネスレグループのブランドなのでマケドニアオリジナル製品ではありませんが、でもやっぱりチューブ入り食べ物って、、、なんか面白い。。。ヨーロッパではそう新しいコンセプトでもないみたいです。。。お、っでも日本にはマスタードとかワサビチューブがあるか。なんでタラコだとこんなに驚くんだろ。

2 comments:

Anonymous said...

確かに違和感大あり。
具がチューブに入ってるから?
mik

天鳳 said...

いやいや、日本にだって様々なチューブものが売ってるぞ。
それこそキューピーなんかパンに塗るだけでOKのツナマヨなんか売ってるし。
学生時代にファミレスでバイトしてたことがあるけど、その時は厨房でパスタに飲食業用のチューブたらこをかけて、混ぜて出してたよ(これがファミレスのたらこパスタ)
もう、ある面では調味料みたいな認識?で、ソースやケチャップと同じ感覚なんだろうか?
でも、私はあの塊をご飯に乗っけて食べるのが幸せです。