Wednesday, December 19, 2007

hoshigaki

I have been proposing to use rakija to remove shibu (bitterness) from Macedonian japonsko jabolko (persimmon/ kaki in Japanese), but there is other Japanese who proposed and actually implemented the drying method to remove the shibu. It is called "making hoshigaki (dried persimmon)". Now it becomes a selling product in Macedonia. Valandovo is a famous region for producing kaki (japonski jabolki), and this Japanese person bought many of them from there and brought them to a village he lives in. Getting help from people in the village, everything was peeled and dried. And now it becomes a value added product. It actually tastes good, exactly same like very good Japanese hoshigaki. I hope this method will spread out to whole Balkans so that they can eat kaki without bitterness and enjoy the sweetness. Very useful "technical transfer".

これまで私はマケドニアの渋柿の渋を抜くのにラキアの使用を提案していましたが、このたび、マケドニアに住むある日本人の方が、干して渋を抜くことを提案して、実際にマケドニアの柿を使って干し柿を作って商品にしてしまいました。バランドボという柿の産地で有名なところから柿をいっぱい買い付けて、住んでいる村までもってきて、村の人たちの助けを借りて全部皮を剥いて干して。。。こんなに立派な干し柿になりました。すっかり渋が抜けてホントに甘くておいしくできてます。日本でも十分売れます。その日本人の人が持ち込んだこの干し柿の技術は、渋柿を売っているバルカン中に広まって欲しいですね。獲れた農産物に付加価値をつけて売る、というまさにすばらしい技術移転です。

3 comments:

Anonymous said...

マケドニアの人は渋柿を干し柿、アルコール付け以外にどうやって食しているのかねー。?/あ

napomi said...

どろどろに熟すまでおいてから、食べるんだよねー。あんなどろどろになってたら、皮むくのも大変だろうに、と思ってるんだけど。
柿の歯ごたえとかも関係なくなっちゃうしね。渋柿じゃない種類の柿は、なんで渡来しなかったんでしょうね。

Anonymous said...

干し柿は甘い物好きのマケドニア人には受け入れられると思うよ。バルカン中で売れるといいね。
貴々