Thursday, September 15, 2005

autumn in mecedonia 2

..... and these are the preserved foods for winter!
From left, aivar, apricot compote, plum compote and plum jam. All are homemade. To cook like these is the event of autumn in Macedonia (I guess). You know that fruits or vegetables are the best in their seasons. Now is the time. Cook them when they are fresh.
And according to my friend who gave me these homemade sweets and aivar, when you have guests, you welcome them with these homemade sweets and tea. It shows your warm hospitality, like "welcome to our sweet home." So, if you visit me in Macedonia in this winter, you will be welcome with these sweets, which are incredibly yummy.

そしてこれらがホームメイドの冬眠食。左から順にアイヴァ、アプリコットコンポート、プラムコンポート、プラムジャム。どれも甘すぎず素材の味が生きていてほんとにおいしい。旬のものをその時に調理して食材が少なくなる冬に備える、まさに秋の大イベント?らしい。
これをくれた友人によると、家にお客さんを迎えるときに、こういう甘いものでおもてなしをするのだそう。 "welcome to our sweet home" ということらしいです。
ということで、この秋冬にマケドニアにいらっしゃる方にはもれなくこのホームメイドスイーツでおもてなししてあげます。


3 comments:

nana@london said...

スコピエのマクドナルドの「マケドニアバーガー」はアイバル入りで、お肉と結構合ってて、おいしかった。5年前の話だけど、まだあるかな?機会があったら取材してみてくださいな。

napomi said...

そうか、マクドナルドか。うかつでした、まだ試してませんでした。今度行ってみます。
(nanaさん、メールいままでどおりですか?)

nana@london said...

はーい。今までどおりのアドレスで読み書きできますよ。でもまだダイアルアップ(泣)
。早く速い回線を入れたいです。