Thursday, October 20, 2005

meeting at my place

There are so many cafe in Skopje as hang out spots. Since there are too many, you do not know which cafe you should go. But it seems there are some cafe you need to check out as trend magazines say. That kinds of cafe are always full with young people or teens and loud with music. For not so young people like our age, maybe it is better to go for quieter place. And so, we (I and my co-workers) use a cafe called "my place" as a meeting place. It is very quiet and nicely decorated like the bar of the Tribeca Grand of NY. It is definitely for grown-ups who want to enjoy conversations. You are invited to come to my place.

スコピエにはいっぱいカフェがありすぎていったいどこに行くのが「イマドキ」なのかよく分かんないのですが、それはそれで雑誌とかでイマドキのカフェ特集とかあるらしい。若い子とかティーンズとかは雑誌でそういう情報はちゃんとチェックしていて、そういうカフェに行くので、そういうカフェは若い子でいっぱいだし音楽がんがんかかっていて騒がしい。騒がしいのが苦手なもうそんなに若くない人たちはどこに行くかっていうと、そんなに若くない人たちが行く用のカフェもちゃんとあるんです。うちのチームがよく使うのはカフェ「My Place」。静かだし、こじゃれたインテリアでいい感じだし。ちゃんと話が出来るのがいい。オトナの店ですな。

3 comments:

天鳳 said...

カフェというよりバーみたい。
西麻布辺りにあって、業界関係者が多い店って感じ。
なんかペーパームーンの奥の雰囲気。
マケドニアにこんな感じの店があるなんて
ちょっとビックリ。

Anonymous said...

こーゆーカフェでは、やっぱし「ラキア」とか頼むべき?
つーか、ただ私自身が飲みたいだけなんですけども。


             卯

napomi said...

>西麻布辺りにあって、業界関係者が多い店って感じ。
>なんかペーパームーンの奥の雰囲気。

そうそう、まさにそんな感じ。
よくできてるよん。

ラキアは私のイメージでは「おやじ」向けよ。よって西麻布系バーではちょっと。。。。あれって焼酎のすごーい強いやつ、ってことらしいから。
でも卯ちゃんだったらぜんぜん飲めるでしょ。