Thursday, April 13, 2006

about balkankan again

About the Macedonian movie, "Balkankan", which I mentioned in the story on February 16, it seems now on cinema in the US, according to a Macedonian cultural website, which I use sometimes to check cultural events in Macedonia: (although, according to the NY citysearch, Balcancan is not in the theater in NY yet).
And now, the unpirated DVD with English subtitle is available in Macedonia, so I watched it. Well, I could say that my first gut was right. It is a funny movie, well plotted, very exaggerated sarcasm about people in Balkan and their history... If you, as a foreigner, are familiar with West Balkan's history and stereotype images of Macedonian, Serbian, Bosnian, Bulgarian, etc., you will understand how funny (and great) this movie is. Museum of Balakan characters with cartoon touch. And if you know their language, I guess it is even funnier. I hope you will have a chance to watch it. It is worth it. And then, you will understand what kind of place I live in right now.... ;-p

2に一度話題にしたマケドニアの映画「バルカンカン」、私がよくマケドニアのカルチャー系イベントをチェックするサイトによると、いまアメリカの映画館で上映されているらしい( )。そのバルカンカンの本物DVD(海賊版じゃないってこと。英語字幕付き)がようやく手に入ったので、さっそく鑑賞してみました。。。。感想は、そうですね、はじめてマケドニア語の海賊版でちらっとその映画を見たときの印象は正しかったのだー、とでもいいましょうか。キャラが立っていてB級的でコミカルなカンジが非常に興味深かったので、ずっと見たかったのですが、うん、期待通り、面白かったです。たぶん西バルカン(とくに旧ユーゴ)の歴史と、ボスニア人、セルビア人、モンテネグロ人、マケドニア人、ブルガリア人もろもろのステレオタイプ的イメージをよく理解している人にとっては、非常に面白いのではないでしょうか。皮肉り方とか、強烈ですから。ホント、バルカンの縮図を映画の中に見る、ってカンジ。キャラのオンパレード博物館。きっとさらに彼らの言葉をそれぞれまた理解できたらもっと面白いに違いない。ということで、おすすめです。広く世の中の皆さんに見ていただきたいもんです。私が住んでるバルカンってところはこんなところなんです、みたいな。。。

1 comment:

Anonymous said...