Saturday, May 27, 2006

stobi ruins

Had another trip to Prilep this weekend to have a lunch at the Thai restaurant. On the way to Prilep, we stopped by Stobi, which is "the archaeological site (located just 3 km or 1.8 miles from the Gradsko exit on Highway E-75) that offers sweeping views of the central Macedonian plain and contains buildings such as the 2nd century amphitheatre, the Theodosia palace, and early Christian ruins with extensive and ornate mosaic floors." (sited from exploringmacedonia.com.)
See, Macedonia has lots of tourism resources. It just needs to work a bit more on making those resources nicer to attract Japanese tourists though....

今週末はまたまたプリレップのタイレストランに行ってきました。プリレップに行く途中、ちょっと寄り道して「ストビの遺跡」を見てきました。紀元前2-3世紀頃から存在したといわれるストビはその時代の貿易の通り道として栄えていたようです。遺跡には円形劇場跡、モザイク、宮殿跡などが広がっています。ほんとにマケドニア、いろいろ観光ネタがあるなあ。もうちょっとがんばれば、日本人観光客も十分呼べるんだけどねえ。。。。ちなみにUSAIDexploring macedoniaプロジェクトのおかげか、ナイスなお土産屋と休憩所が新しく出来ていて、頑張っている姿勢ももちろん見えました。。

2 comments:

にょん said...

ちょっと宣伝。出ているお店で働いている計6人の若者は、UNDPの雇用創出プロジェクトでここの職を得た人たちだということを昨日知りました。お店のオーナーも彼らもネゴティノ市の人たち。企業、市、UNDPの間のいわゆるPublic-Private Partnershipの実例と言うわけです。前にも工場での就職が決まった若者にあったことがあるけど、皆、はきはきして目が輝いているんだよね。いいプロジェクトだと思いました。

napomi said...

そういえば、お土産売っている女の子は英語も出来て、セールストークも上手だったし、マケドニアのカルチャーについて語ろうとしていたところとか、すごいunusualと思っていたんだけど、なるほどー、選ばれた人たちだったわけねー。やるじゃーん。