Saturday, September 23, 2006

macedonian class

My Macedonian study is still on going. Although MacSlavic Language Center moved to Taftalice, which area is about 15min taxi ride away. If it is in Tokyo, 15min taxi ride sounds very close, like from Shibuya to Nishiazabu, but in Skopje, man, it is FAR, especially for the person whose office is just 10min away by "walk". So, every Monday and Wednesday, I have to commute to the class. It used to be 1 min walk from my apartment. It was in the center of the city. If they want to market foreigners as main targets, they should have kept the office there. But lately, seemingly, they gave up targeting foreigners who wants to learn Macedonian. Their marketing strategy now shifts to more focus on Macedonian who wants to learn other Slavic language like Slovenian, Polish and Russian etc. So, they moved to the place like general Macedonian live. Which is the right choice I guess. So, after 6 months, it proves what I questioned in March about targeting foreigners market was not quite off the point....

私の今期のマケドニア語のクラスも始まり、相変わらずスローですが少しずつ進歩してます。ひとつ変わったことは、いままでは家から歩いて1分だった「MacSlavic Language Center」が、タクシーで15分もかかるタフタリチェというところに引っ越しちゃったんですよねえ。東京だったらタクシーで15分なんてぜんぜん近いところでしょうが、スコピエでタクシーで15分って、遠いですよ、めっちゃ。なんせ私のオフィスへの通勤は「歩いて」10分ですから。ということで、タフタリチェまで月曜日と水曜日はちょっと遠出してクラスに通ってます。なんで引っ越しちゃったのか。マケドニア語を学びたい外国人をターゲットとするなら街の中心にあったいままでの場所をキープすべきだったんでしょうけど、どうもやっぱり私が3月に疑問に感じたとおり、マケドニア語を学びたい外国人マーケットは非常に小さかったのでしょう。いまやスラブ系言語(スロベニア語とかロシア語とか)を学びたいマケドニア人をメインターゲットとしてマーケティングをしているようです。なので、タフタリチェのような一般の普通のマケドニア人が住む地域に引っ越したというのは、正しい選択なのでしょう。

3 comments:

Anonymous said...

この写真がマケドニアの語学学校かねー。
看板も何もないし普通のアパートの様だけど。
勉強したい人は、どうやってここを見つけるのかなー。/暁

Anonymous said...

今期のマケドニア語クラスもnapomiさんお1人?笑
mik

napomi said...

ふふ。一人よ。
アパートの一室を借りてるんです。なので、通りかかった人が、お、マケドニア語やろう、ってことにはならないんです。
勉強したい人はwebとかで情報ゲットしてから来るんではないでしょうか。